読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おい!ぽてお

遊戯王初心者が上級者を倒す!遊戯王経験者が全力でサポートします。

遊戯王初心者が後悔した3つのこと

遊戯王を始めて1年、使ったお金の額は10万を超える。

カードゲームを1年やっていて10万は果たして使いすぎなのであろうか?

遊戯王では当たり前のようにお金が飛んでしまう。

この1年を振り返ってみると10万もの大金を使わずに遊戯王が強くなれたんじゃないか?とふと思った。

そこで私が後悔した事を紹介しよう。

規制を恐れてデッキを複数持つ

私が遊戯王を始めた当初、EMemというデッキが環境トップの座を独占していたのである。

いわゆるクソ環境で私は遊戯王を始めた。

私は強くなりたい!とEMemデッキ(当時約4万)を作った。

身内との対戦ではプレイングが下手でもEMemならデッキパワーで勝ててしまう。

そこで私は疑問に思った。

 

次の規制で終わる(環境トップの宿命である)

 

そう確信した私はEMemをうまく扱えていないのにEMem環境で少数であるがCS入賞を果たしている彼岸デッキ(当時約3万)に手を出した。

当時EMem環境では他のデッキの規制は大丈夫だろと言われていた。

環境デッキを2つ手に入れた私だったが問題が発生した。

2つのデッキを強化していくのに莫大な金額がかかるのである。

さらにプレイングも初心者なので2つのデッキを維持できず上達しないまま時間とお金を無駄にしてしまった。

とても後悔した経験があるので初心者と資金の無い人にはデッキを複数持つ事はおススメはできない。

 1つのデッキを強化していった方が効率よく遊戯王をできるのである。

 

デッキ作りでカードを単品で買わずパックで揃える

 私が遊戯王を始めた当時環境デッキだった彼岸を作ろうとEXTRAPACK2016(1箱2250円)を10箱(22500円)購入した。

 単品買いでデッキを作るよりも得して作れると初心者だった自分は判断しパック買いでデッキを作る事に決めたのである。

EXTRAPACK2016の当たりは彼岸の旅人ダンテである。

その当時ダンテの単品はシークレットで5000円、ウルトラが3000円、1箱買ってダンテが入っていたらその箱は元を取れたのである。

しかし現実は甘くなく彼岸デッキを作るべく買った10箱にはダンテのシク1、ウル1

さらに他のスーパーレアの彼岸(スカラマリオン、グラバースニッチ)も3枚ずつ必須なのに2枚ずつしか揃わなっかった。

彼岸デッキには他にも必要なカードがあるのにも関わらずEXTRAPACK2016に総額3万使用し大損をしたのであった。

おとなしく単品買いをしていれば1万ちょっとでEXTRAPACK2016の彼岸カードは揃っていたのである。

 後悔しかない。

ギャンブル好きやカードコレクターでなければパック買いはおススメできない。

封入しているカードにもよるのであるが。

 

身内同士だけで対戦

 身内同士だけの対戦。これは初心者の頃に最も後悔した事である。

 使うデッキや戦術、緊張感なども身内同士だと限界がある。

 さらに身内同士の対戦は飽きが来て他のデッキを作るなどして経済面での負担が増えてしまう。

身内同士でしか対戦しないのは非常にもったいない事なので一歩踏み出して近くのショップ大会などに出た方がよいのである。

大会では景品などをもらえたり、コミュニケーション能力を上げたり、プレイング上達したりと一石二鳥どころか一石三鳥、四鳥なのである。

 失敗を恐れずに自分の成長の為にぜひとも大会には参加して頂きたい。

 

まとめ

以上私が1年遊戯王をやっていて後悔した事である。

少しでも参考にしてもらえばうれしい。

遊戯王ではお金さえ出せば強くなれるのはもちろんの事だがその他にも経験や勘などの要素、さらには才能を備えていなければ強くはなれないであろう。

しかし遊戯王は真剣にやっていれば強くなっていくのであきらめずに努力して頂きたい。